2010年04月21日

切手7530円分着服、書記官を免職=横領容疑で告発も−岐阜地裁(時事通信)

 家事審判事件の申立人が納めた郵便切手を着服したとして、岐阜地裁は19日、30代の男性書記官を同日付で懲戒免職処分とし、業務上横領容疑で岐阜地検に告発したと発表した。
 地裁によると、書記官は岐阜家裁勤務だった2009年9月〜今年3月、担当していた26人が審判申し立てにかかる費用として納付した総額7530円の郵便切手を抜き取ったとされる。
 封筒に書かれた金額と保管袋内の金額が異なっていることに上司が気づき、発覚。書記官は「大変申し訳ない。反省している」としているが、弁済はしていないという。
 岐阜地裁の富田善範所長は、最も重い免職処分としたことや告発の理由などについて詳細は明かしておらず、「内容を総合的に考慮して、不確定なことを公表するのは相当でないと判断した」としている。 

【関連ニュース】
裁判員判決、自衛官に有罪=先輩隊員を銃剣で切り付け
今度は裁判官月給一覧表=阿久根市長、自身のブログに「おカネ持ちが判決」
きらやか銀行員、横領容疑で逮捕=被害総額は7700万円
男性の復職、なお拒否=免職取り消し判決を無視
復職へ「まだ通過点」=勝訴の阿久根市職員が会見

医薬品ネット販売訴訟で原告側が控訴(医療介護CBニュース)
<日露首脳会談>鳩山首相 北方領土「帰属問題を首脳間で」(毎日新聞)
「竹島、韓国不法占拠」新年で言及しない意固地外相 国会追及、宗男氏も参戦(産経新聞)
<訃報>中根良平さん88歳=仁科記念財団常務理事(毎日新聞)
有床診入基料の施設基準に係る届け出期限、26日まで延長―厚労省(医療介護CBニュース)
posted by タバタ サダオ at 20:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

時事通信記者の過労死認めず=糖尿病合併症「業務に起因せず」−東京地裁(時事通信)

 時事通信社の政治部記者だった森田一樹さん=当時(36)=が1997年に死亡したのは、過重な労働が原因だったとして、父一久さん(79)=岡山市=が国に労災認定を求めた訴訟の判決で、東京地裁は15日、死因となった糖尿病合併症との因果関係を認めず、請求を棄却した。
 判決によると、一樹さんは97年3月ごろ糖尿病にかかり、5月25日ごろ合併症の糖尿病性ケトアシドーシスを発症、6月3日に死亡した。死亡まで半年間の時間外労働は月平均で約134時間、直前の1週間は1日平均約5時間だった。
 渡辺弘裁判長は「業務のストレスが発症に関与したことは否定できない」としたものの、「発症とストレスとの関係について、確立した医学的知見があるとは言えない」と判断した。
 多忙で治療機会を失ったとの原告側主張についても、一樹さんが海外出張から帰国した5月には病院で受診できる状況だったと退けた。
 一久さんが99年に労災申請したが、中央労働基準監督署は認めず、遺族補償などの不支給を決定していた。
 原告側の玉木一成弁護士は、判決後の記者会見で「労災が認められる脳・心臓疾患でも、ここまで厳格な医学的知見は求められていない」と批判。一久さんは「無念でたまりません」と話した。
 千葉良樹・中央労働基準監督署長の話 国の主張が認められ、妥当な裁判だ。
 時事通信社社長室の話 社員の死亡を厳粛に受け止めており、今後とも健康管理に十分気を配るよう努める。 

【関連ニュース】
談志さんが高座に復帰=東京
救急救命士の業務拡大へ=ブドウ糖投与など3項目
元暴力団の死刑囚、二審も懲役20年=上申書で発覚の保険金殺人
糖尿病でアルツハイマー早期発症=悪循環で進行、仕組み解明
NEC元部長の過労自殺認定=「過重業務でうつ病」

<児童ポルノ>3少年は元被害者 報酬渡されグループに(毎日新聞)
細菌を狙い撃ち、創薬へ「呼吸酵素」仕組み解明 兵庫県立大・阪大(産経新聞)
日航など計10便が欠航=アイスランド火山噴火(時事通信)
<鉄道事故>東武東上線踏切で男性はねられ即死 東京・豊島(毎日新聞)
営業停止中にまた食中毒 大阪府警が会席料理店を告発(産経新聞)
posted by タバタ サダオ at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月09日

鳩山邦夫氏の新党参加で与謝野、平沼両氏の間に温度差(スポーツ報知)

 自民党に離党届を提出した与謝野馨元財務相(71)は4日、新党結成時期について記者団に「今週中だ」と明言した。無所属の平沼赳夫元経済産業相(70)らと8日にも旗揚げする見通し。5日には平沼氏や、近く自民党離党届を出す園田博之前幹事長代理(68)、さらに藤井孝男元運輸相(67)と、新党の名称や政策、参加メンバーについて最終調整する。また、3月に離党した鳩山邦夫元総務相(61)については、「平沼氏が(邦夫氏と)5日か6日に会い、いろいろ話し合う」と連携の在り方を協議する意向を示した。

 だが、実母からの資金提供問題を抱えている邦夫氏の新党参加については、与謝野氏と平沼氏の間で温度差があるようだ。政治評論家の有馬晴海氏(52)は次のように分析する。「与謝野さんは“新党には自民党のはみ出し者が集まる”というイメージは避けたいと思っており、邦夫氏の参加には否定的。平沼さんは邦夫氏と同様、党から追い出されたような境遇が一緒で、肯定的でしょう。選挙になればお金がかかるだけに、邦夫氏の資金力に頼ることになる可能性はあります」

 新党の代表は対外的に与謝野、平沼両氏が共同で務めるが、総務相などへの届け出は平沼氏を代表とする方向。本部は都内の平沼氏事務所に置く。

 与謝野氏はこの日、フジテレビの報道番組に出演し、夏の参院選について「比例代表になるべく良い人を探す。東京選挙区は(改選数が)5人なので立てないことはない。3人区、2人区でどうするか協議する」と述べ、改選複数区でも候補者の擁立作業を急ぐ方針。

 だが、同日発表された共同通信の電話世論調査では、与謝野氏の新党に65・9%が「期待しない」と答え「期待する」の27・1%を大幅に上回った。自民党出身のベテラン主導の新党構想は国民には魅力的に映らないようだ。

 ◆石原都知事、新党にエール 与謝野氏が4日に出演したフジテレビの報道番組には、石原慎太郎東京都知事も出演。「(新党は)自民党にとってもとてもプラスになるし、日本の保守主義のためには必ずプラスになる」と語り「心からエールを送りたい」と支持を表明した。与謝野氏や平沼氏らの会談にも同席するなど、今回の新党結成への動きに関与したといわれる石原氏。これが政界再編につながる、との見方を示し「小さな雪崩が起こりますよ」と予言した。

 【関連記事】
自民党が鳩山邦夫氏の離党承認
鳩山総務相「良かった」…草ナギ復帰
鳩山総務相、草ナギ「最低人間」発言撤回、「最低最悪の行為」と言い換え…火に油?抗議やまず
草ナギ容疑者「最低の人間だ」鳩山総務相の批判に抗議殺到…地デジ推進キャラクター
与謝野馨 財務相 平沼赳夫 を調べる

国会議員「仕分け人」8人を発表=社民も参加−第2弾(時事通信)
痛みは「さする」と効果あり 無意識に神経修復 群馬大(産経新聞)
<援護年金>480人分の振り込み遅れる…厚労省ミス(毎日新聞)
<鳩山邦夫氏>新党参加は見送り(毎日新聞)
10年度診療報酬改定、4月実施危ぶんだ時期も(医療介護CBニュース)
posted by タバタ サダオ at 23:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。