2010年01月29日

阪急通路1/4幅に“ラッシュ”(産経新聞)

 阪急百貨店梅田本店(大阪市北区)の建て替え工事に伴い、1階にあるコンコース通路(南北約100メートル)の一部の幅が27日、4分の1の約4メートルに縮小された。残る部分も2月2日から縮小され、工事が終わる平成24年春まで狭くなった状態が続く予定。

 通路は、ラッシュ時には1時間あたり約2万人が通行する。当初26日から縮小する予定だったが、阪急電鉄では混雑を予想し、1日延期して通行人に周知徹底をはかった。

 この日は朝から警備員約30人を一帯に配置。通行人の整理や迂回(うかい)路を案内した。毎朝通勤で通路を使うという大阪府豊中市の会社員の男性(28)は「いつもより混雑していて歩きにくいが、(百貨店の)リニューアルまでは仕方がないですね」と話していた。

【関連記事】
JR九州が九州新幹線の駅名発表 博多〜熊本間
民活開発、大誤算 テナント6割埋まらず 昨年開業複合施設 豊中市「困った」
阪急100周年で制服一新 伝統の赤茶色マルーンのストライプ
大阪最後の“一等地” エコ拠点に転換へ
伊丹ターミナルにホテル開業へ 閉鎖ホテルを復活「廃港は想定外」

<広島市長>オバマ大統領の訪問の意思、確認できてうれしい(毎日新聞)
ブランド店で900万円相当盗難=男3人、ガラス割り侵入−大阪(時事通信)
「官房長官のマスコミ批判おかしい」自民・浜田氏(読売新聞)
<脳死臓器移植>国内86例目終了(毎日新聞)
<新型インフル>輸入ワクチン、購入希望は1県…初回出荷分(毎日新聞)
posted by タバタ サダオ at 13:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。